銘柄豚肉ランキング全国トップ10

ここでは日本全国で生産されている銘柄豚肉を、ランキング形式でご紹介しています。

味わいはもちろんのこと、知名度や人気、飼育へのこだわりなどをもとにピックアップした10種類の豚肉をご紹介いたします。

ぜひ自宅用やギフト用の豚肉を購入する際の参考にしてみてください。銘柄豚と一言で括っても日本には数百という種類の豚肉がありますので、どれを選んだらいいのか分からないといった疑問もあるかと思います。しかし、そんな素朴な疑問もこれを見ればすぐに解決するはずですので、ぜひ最後までご覧ください。

銘柄豚肉おすすめ第10位

〇サンミート季穣 山豚

季じょん山豚は、豚の飼育数が全国2位である宮崎県のほぼ中央、特に農業が盛んな地域である児湯郡木城町と川南町で飼育しています。

町の喧騒から離れた静かな環境で飼育しており豚へのストレスフリーに繋がります。また飼料にもこだわり、市販の飼料は使用しておりません。独自に「工コ飼料」の加工会社(宮崎サンエフ)を設立し、トウモロコシや地元産のお米、サツマイモなどを活用した植物性の自家配合飼料を使用することにより、豚肉に甘みが増します。

さらに食品工場から出た、パンの耳など加工した飼料(リサイクル飼料)を与え、味、肉質の改善とともに環境にもやさしい豚作りを実践しています。(宮崎大学や宮崎県畜産試験場の研究協力の下)

生産者、飼料も限定で「季じょん山豚」は安心安全、高品質な豚肉として、これからも皆様のご期待にお応えします。

(1)さっぱりとした味わい

植物性の飼料にこだわっており栄養価が高くクセのないヘルシーなお肉です。

(2)ジューシーで柔らかい

脂肪が上質で柔らかくしっかり噛み応えのあるお肉です。

(3)オレイン酸、リノール酸、リノレン酸が豊富

児湯郡内の農家と契約し、地元で生産されたお米を飼料に配合。そうすることで豚はオレイン酸の割合が増え、お肉の旨みが増すといわれています。

リノール酸、リノレン酸は植物油の主成分であり、必要とされながら体内で作ることが出来ない必須脂肪酸です。血中コレステロールを下げたり、高血圧を予防する作用があるといわれています。

(4)生産者限定

生産履歴が明確。生産者がはっきりしているため、安全安心で品質も確か。おいしい宮崎県産の豚肉です。

銘柄豚肉おすすめ第9位

平田牧場産金華豚

中国原産の金華豚にインスパイアを受けて品種改良された、山形県産の銘柄豚です。3種類の純粋品種を掛け合わせた三元豚で、旨味に溢れた肉質は国内でもトップクラス。

また、ハムやソーセージといった加工食品としても販売されているため、見かけたことがあるという方も多いかと思います。お歳暮やお中元といったときにも贈れる高級銘柄豚です。

銘柄豚肉おすすめ第8位

〇瀬戸牧場産せともち豚

瀬戸内海に面した広島県福山市で生産されていて、豚肉特有の獣臭さというものがほとんどない銘柄豚です。実は出荷されている豚肉はすべてメス豚のみという特殊なこだわりをもっていて、その理由としては肉質の柔らかさや匂いといったものが挙げられています。

しゃぶしゃぶはもちろんのこと、ポークステーキなどでも楽しめて、レアな仕上がりでも充分に柔らかい食感を楽しむことができる豚肉です。とろけるような脂身の美味さはまさに絶品。

銘柄豚肉おすすめ第7位

〇沖縄県産アグー豚

沖縄県を代表するブランド食材のひとつであり、引き締まった肉質と甘く感じられる香りが特徴の銘柄豚です。沖縄ではこのアグー豚のバラ肉を使った角煮などが販売されていて、県民食としても親しまれています。

アグー豚はもともと中国からわたってきた外来種でしたが、沖縄で生産されて数百年が経つことから、今では在来種の一種としても扱われている貴重な品種です。

豚足から顔まで全部が加工食品として使われているため、沖縄に訪れた際にはぜひ一度味わってみてください。

銘柄豚肉おすすめ第6位

〇茶美豚

茶美豚は鹿児島県の銘柄豚として、現在非常に人気と知名度が高まってきています。飼料や飼育方法にこだわりをもって育てられた豚肉は、脂身と赤身のバランスに優れていて、高級な和食料理にも使えるほどの品質です。

同じ鹿児島県産の黒豚が有名ですが、生産・出荷量において黒豚まであと少しといったところまで成長してきている銘柄豚となっていますので、流行を先取りして食べてみるのもおすすめです。

銘柄豚肉おすすめ第5位

〇TOKYO X

東京の銘柄豚として全国的にも有名な豚肉です。ハムやソーセージといった加工食品としても販売されているため、手軽に購入がしやすいというのも魅力的な部分。

その肉質は都内の多くのレストランで採用されるほどで、しゃぶしゃぶからステーキまで幅広い用途に使うことができます。特に吉祥寺・立川エリアでは、このTOKYO Xを使ったトンカツを出す名店も多数。

脂身から溢れ出る旨味を一度は体験してもらいたいものです。

銘柄豚肉おすすめ第4位

○はざま牧場きなこ豚

宮崎県産で飼料にきな粉を使っているという珍しい銘柄豚です。大豆食品は豚の臭いを抑える働きが期待されているため、こちらのきなこ豚もイヤな臭いがほとんどしないところが特徴に挙げられています。

宮崎県は畜産王国としても知られていて、牛や鶏なども多く生産されている地域です。

そんな畜産知識が豊富な県の優良畜産農家が手がけるきなこ豚は、いろいろなノウハウが詰め込まれて開発された品種でもありますので、健康状態も良好で安心して食べられる豚肉として地域に根付いています。

銘柄豚肉おすすめ第3位

〇平牧三元豚

山形県が誇る最高級ブランド豚肉のひとつで、極上の味わいは料亭などでも使用されているほど。

取り寄せも可能でネット通販を利用すれば誰でも購入することが可能です。現在、三元豚のベースとして主流のLWD配合を使った豚となっていて、この平牧三元豚がその元祖ともいわれています。

近隣の畜産農家もお手本にするほど上質な平牧三元豚は、脂身と赤身の割合が絶妙で、和牛などにも引けを取らないほどの味わいが堪能できると評判です。

銘柄豚肉おすすめ第2位

〇阿波ポーク

徳島県で比較的新しく生産されるようになった銘柄豚で、その肉質の良さから一気に人気のブランドとなったのがこちらの阿波ポークです。

県産の食材の中でも非常に人気が高く、お取り寄せランキングなどでも上位にランクインするほどの品質を持っています。阿波ポークは県の認定を受けた農家だけが生産することができて、しかも生産マニュアルに沿って育てられているため、安心安全の品質を維持しているところも魅力的な部分です。

ギフト用にもぜひ選んでもらいたい逸品となっています。

銘柄豚肉おすすめ第1位

〇かごしま黒豚

鹿児島県産の黒豚は、日本の銘柄豚としてもっとも歴史の古い豚肉のひとつに挙げられます。

そのため、家庭の食卓でも見かけることが多く、大半の方が食べたことのある慣れ親しんだ味わいが特徴です。もちろん、品質の良い黒豚は高級料理店などにも使われるほどですので、その肉の美味しさは確か。

銘柄豚としては味わい・信用性・購入のしやすさなど、どれをとってもトップクラスです。しゃぶしゃぶはもちろんのこと、シンプルにバーベキュースタイルで食べても美味しい豚肉となっています。

まとめ

日本全国で生産されている銘柄豚をランキング形式でご紹介してきました。トップは流通量と味わいを考慮して鹿児島県産黒豚としていますが、そのほかの銘柄豚もすべておすすめとなっています。

また、どれもネット通販などで購入することができますので、気になった銘柄がありましたら、ぜひ取り寄せて味わってみてください。