豚肉ブランド肉

生ハムとオリーブ
 

ブランド豚というのは、国内外問わず世界中で生産されている地域固有の豚や特殊な飼育方法を用いている豚のことを指し、そのブランド肉のことになります。
日本でも有名なブランド豚と言えば、いまやレストランなどでよく見かけることとなったスペイン産のイベリコ豚がその代表格でしょう。
イベリコ豚は広い放牧地、自然環境の中でノビノビと育てられた豚で、エサには自生して落ちているドングリがよく食べられています。
イベリコ豚のように、特殊な飼育環境や独自の飼料をもってして育てられた豚が「ブランド豚」ともいわれるわけですが、日本においてブランド豚とはどういった位置にいるのか気になるところです。
また、ブランド豚であるための定義や条件といったものも知っておきたい部分だと思います。
そこで、ここではブランド豚について様々な角度からご紹介していきます。

 

 

たとえば和牛や地鶏といったものに関しては、食肉協会や国が定める基準というものがあるのですが、豚肉には何故かそういった定義がないのです。
これはブランド豚というネーミング自体が、近年になって使われ出した言葉であり、国や自治体による統制がいまだ整っていないということになります。
そうなると「ブランド豚とはなんだろう?」と甚だ疑問に感じてしまうかもしれませんが、一応豚肉を取り扱う業者の間では、豚肉をいくつかの項目に分けて審査した結果、一定以上の水準を超えて安定供給できる豚肉をブランド豚と呼ぶようにしています。
そのため、通常の豚肉よりはブランド豚の方が品質も価格も高くなるわけです。

 

 

日本のブランド豚で代表的な種類「平牧三元豚」

しかし、基準がないといってもやはり日本の技術力や生産農家の実力というのは高水準であり、各地域でそれまでになかった新しい豚というものが開発されています。
そんなブランド豚の先駆けとも言えるのが、山形県の平牧三元豚です。
ただ、平牧三元豚を知るには、まず三元豚というものについて先に簡単に説明しておきましょう。
三元豚というのは、3種の豚を配合させた豚肉のことで、主にランドレース種、大ヨークシャー種、バークシャー種、デュロック種といったものが用いられています。
どれも海外におけるブランド豚の一種に該当していて、それらの良いところを組み合わせたのが日本の三元豚です。
そんな三元豚を使い、いち早くブランド肉として確立させたのが「平牧三元豚」となります。
こちらは、平田牧場が生産する、「ランドレース種、大ヨークシャー種、バークシャー種」を掛け合わせた豚です。
非遺伝子組み換えのとうもろこしと大豆粕をエサに加えて飼育し、バークシャー種の特徴である甘い脂身と、繊細で柔らかい赤身が魅力的な品種となっています。
最近では、市場の需要が増して、さらに人気が高まっているブランド豚のひとつです。
この平牧三元豚の成功を見た養豚業者が、その方法をベースに独自で開発するほど平牧三元豚は優れていて、いまや東北を代表するブラント豚にまで成長しました。

 

 

日本だけでなく世界にもブランド豚というのは数多く生産されています。

また、そんな世界のブランド豚からヒントを得て改良されたブランド豚というのも国内では改良されていますので、ぜひ参考までにご覧ください。

 

金華豚(きんかとん)

中国原産のブランド豚で、金華ハムの原料ともなる豚肉です。
美食の国ともされ、さらに豚肉の生産量世界第1位という実績を持つ中国だけあって、その品質は確かなものとされています。

 

イベリコ豚

冒頭でも紹介したスペイン産のブランド豚です。
日本においては2003年2月に輸入が解禁されたということもあり、日本人にとっては比較的新しい豚肉の一種ですが、スペインでは元々高級豚として扱われています。

 

みやざきサンミート季穣では「季じょん山豚」を育てています。その特徴とは

遠藤 太郎さん 川南町 尾鈴ミート
小野 彩さん 川南町 小野株式会社

 

季じょん山豚は、豚の飼育数が全国2位である宮崎県のほぼ中央、特に農業が盛んな地域である児湯郡木城町と川南町で飼育しています。町の喧騒から離れた静かな環境で飼育しており豚へのストレスフリーに繋がります。また飼料にもこだわり、市販の飼料は使用しておりません。独自に「工コ飼料」の加工会社(宮崎サンエフ)を設立し、トウモロコシや地元産のお米、サツマイモなどを活用した植物性の自家配合飼料を使用することにより、豚肉に甘みが増します。さらに食品工場から出た、パンの耳など加工した飼料(リサイクル飼料)を与え、味、肉質の改善とともに環境にもやさしい豚作りを実践しています。生産者、飼料も限定で「季じょん山豚」は安心安全、高品質な豚肉として、これからも皆様のご期待にお応えします。

 

(1)さっぱりとした味わい

植物性の飼料にこだわっており栄養価が高くクセのないヘルシーなお肉です。

 

飼料について

 

食べるものが、豚の肉質を整えます。
餌にこだわり、市販の飼料は使っていません。弊社会長が設立した「工コ飼料」の加工会社 (宮崎サンエフ)を設立し、トウモロコシや地元産のお米、規格外のサツマイモなどを活用した植物性の自家配合飼料を与えることで、豚肉には甘みがあり、独特の臭みはありません。
さらに食品工場から出た、パンの耳などの植物残さを加工した飼料(リサイクル飼料)を与え、味をよくする研究を重ねながら環境にもやさしい工コな豚作りを実践しています。(宮崎大学や宮崎県畜産試験場の研究協力を得ています) 。生産者を限定、飼料も確かなで、安心安全、高品質な豚肉であります。

 

(2)ジューシーで柔らかい

脂肪が上質で柔らかくしっかり噛み応えのあるお肉です。

 

(3)肉の旨み

児湯郡内の農家と契約し、地元で生産されたお米を飼料に配合。そうすることで豚はオレイン酸の割合が増え、お肉の旨みが増すといわれています。 リノール酸、リノレン酸は植物油の主成分であり、必要とされながら体内で作ることが出来ない必須脂肪酸です。血中コレステロールを下げたり、高血圧を予防する作用があるといわれています。

 

(4)生産者限定

生産履歴が明確。生産者がはっきりしているため、安全安心で品質も確か。おいしい宮崎県産の豚肉です。